INAX シャワートイレ CW-E51の電源ランプ点滅が気になるので電話した結果・・

INAX シャワートイレ CW-E51

INAX CW-E51はうちのトイレのシャワートイレの品番だ。※我が家ではウォシュレットと呼んでいたがウォシュレットとはTOTO製品の商品名でINAX製品はシャワートイレが商品名。

このマンションに引っ越してから毎日毎日おっさんとおばさんのお尻をきれいにしてくれている。うちには3人の息子がいるが彼らはまだ若いのでINAX CW-E51の素晴らしさは知らずにいる。

そんなINAX CW-E51だが先日ちょっとした異常が起こった。

朝、普段のように「大」の用を足そうとしたら、いつもと明らかに異なる感触にびっくりした。

温かくないのだ。。。

シャワートイレの機能の代表格は清浄機能にあることに疑いはない。だが忘れがちな便座の保温機能は縁の下の力持ちとして毎日毎日我々中年夫婦のおしりを冷えないようにしていてくれたのだ。

「アレ~」なんて素っ頓狂な声をだしつつも、便座が冷たい原因を探した。

コンセントにプラグは入っているか?

「入っている!」

リモコン操作パネルの便座保温メーターはどうなっているか?

イナックス トイレの操作パネル

「弱」だが入っている!

。。。。

僕にはこれくらいしかチェック項目が見つからない。

もう一度いつもと違う個所はないかとINAX CW-E51ちゃんをくまなく見ていくと、、、、

見つけた!どうみてもいつもと違うっぽい箇所を!

黄緑色の電源ランプがピカピカと点滅している。

電源ランプの点滅

いつもは特に気になっていないから、おそらくだけど電源ランプだ。

今までの経験上、異常があったときは一度リセットすると直ることが多い。ということでプラグを抜いて30秒ほど待った後再度プラグイン。

だけど電源ランプは依然として点滅を続けている。

うーん、困った。。。
とりあえず、「大」を催しているので冷え冷えの便座で用を足すことにした。

自慢じゃないがここ数年、便はすんなり出てこない。便秘ではないけど、20代までの頃のようにトイレに入って用を足して手を洗って、占めて1分なんてことはなくなった。

そんなんでしばらく便座に座っているといつも通り便座に熱が通り始めて温かくなってきた。

「おっ、直ったかな?」と電源ランプを見てみるがまだ点滅状態だ。。。

だけど別に困ったことはない。おしりの洗浄も温水が出てくるし強さも申し分ない。便座も温かい。 おかしいところといえば電源ランプの点滅だけ。

なんかもやもやする。

一応、「CW-E51 電源ランプ 消えない」とかでググってみるが、明確な正解が出てこない。

このままだと電源ランプに気を取られて何もできないまま一日が終わってしまいそう。。

便座を開けるとINAXのフリーダイヤルナンバーが記されている。
「株式会社INAX お客様相談センター 0120-1794-00」
「株式会社INAXメンテナンス 0120-1794-11」

INAX お客様相談センター 電話番号
どちらに連絡すればいいのかちょっと迷ったが、メンテナンスというよりは相談かなと思い相談センターの方に電話をかけてみる。

すぐに電話はつながったがオペレーターは出ないでボタンプッシュによる振り分けが行われる。

2回ほどボタンを押すとオペレーターさんにつながった。何かトラブルがあってサービスセンターに電話してもこの時点でつながらないということがほとんどの中、一発でつながったのはありがたいことである。

ここから先はオペレーターのお姉さんとの会話。

思い出しながらだからちょっとは違うかもだけど、概要は大体こんな感じ。

↓ ↓ ↓

オペレーター「どうされました?」

僕「電源ランプの点滅が止まらんのです」

オペレーター「型番、教えてください。」

僕「CW-E51って便座カバーの裏に書いてありました」

オペレーター「CW-E51ですね。電源ランプの点滅に気づいてから何かされましたか?」

僕「電源アダプターを抜きました。」

オペレーター「CW-E51の点滅スピードを教えてください」

僕「1秒間に何回も点滅してます。一定の間隔ですが速い点滅です」

オペレーター「ありがとうございます。CW-E51のその点滅は故障ではありません。」

僕「あ、そうですか^^よかったです。では、この点滅は何なのですか?」

オペレーター「その電源ランプは10年程度使用すると点滅するように設定されています。」

僕「そうなのですね。お知らせの点滅なのですね。わかりましたので点滅の消し方を教えてください!」

オペレーター「申し訳分けないのですが、その点滅は消すことはできないのです。」

僕「ん??なんでです?」

オペレーター「使用されてから10年ほど経過しているので当社からメンテナンススタッフが点検にうかがいます。7245円かかってしまうのですが。点検スタッフが中をいじらないと点滅を消せない設定になっています」

僕「。。。。(なるほど、、有料のメンテナンスを営業されているのだな、今、僕はww)」

僕「あ、そうなんですか。特に使用には問題が無いようなのでこのまま使わせていただきます。本当は点滅、消したいですが。どうもありがとうございましたm(__)m」

相手が切ったのを確認してから、ガチャ!

というような流れで、INAXのオペレーターさんとの会話は終了した。まだ問題なく使用できるのに7000円ほど点検費用を支払い点滅を消してもらうのはなんか納得がいかず、そのまま使用するとオペレーターには伝えた。

そうはいったものの、電源ランプの点滅は見ていて気持ちのいいものではない。点滅を見ているとなんか不安になる。他に解決方法があるのではないかと思い再度グーグル先生に聞いてみた。

すると、ないことはないということが分かった。僕と同じようにINAXのシャワートイレの電源点滅が止まらず、解決方法を掲載しているブログや疑問解決サイトが出てきた。

でも読んでいくと、ニッパを使ってジャンパ線なるものを切断しないといけないらしい。

僕は数秒だけ考えた。

そして、男らしく決断した!

「このまま、放置!!」

ということで、INAXのシャワートイレCW-E51の電源ランプが点滅し始めても気にならないのであれば、もしくは7千円ほどの点検費用が払いたくないなら、放置で問題なしということで結論付けさせていただきます。小学生の時ガンプラの旧ザクを作って以来のニッパを使って、ジャンパ線なるものを切るなんて面倒くさいですもんw

ただ、せっかく電源ランプが必死に点滅して点検時期を教えてくれているのに、点検しないでのちのち故障してもそれは自己責任なのです。そこは、しっかりと自分でご判断くださいね!

イナックス シャワートイレの電源点滅

ではでは~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です